ホクロがあってもレーザー脱毛できる

顔脱毛に興味を持ち、調べてみました。

私は顔にホクロがあるのですが、ホクロがあっても脱毛できるのでしょうか。


答えは「ホクロの部分以外は脱毛は出来る」でした。



しかし、ホクロに生えている毛の脱毛は難しいようです。



エステ系の光脱毛は、光を当てることで色素の濃い部分に熱を発生させ、その熱によって毛根にダメージを与え毛が生えてこない状態にしています。
医療レーザー脱毛も同様で、レーザーの熱をメラニン色素に反応させて毛根組織を焼いて、毛が生えてこないようにしているのです。

つまり、どちらの機器もメラニン色素に熱を反応させていますので、メラニン色素が多く固まっているホクロに使用すると、肌がヤケドしてしまうのです。
脱毛するときは、ホクロをシールで保護してレーザーが当たらないようにして施術をするのです。


ではホクロの毛の脱毛はどうすればいいのでしょう。エステ系の光脱毛はホクロへの照射は出来ません。医師がいない以上ヤケドの恐れがある施術はしてはなりません。

医療レーザー脱毛においては医師の診断により、薄いホクロなどはレーザー脱毛できるホクロもあるそうです。
究極的にはホクロの脱毛にはホクロ自体を除去してからレーザー脱毛するしかないそうです。



多くの場合はホクロを除去すると、その部分の毛も生えなくなるそうなので、どうしてもホクロ毛が気になる場合は、ホクロ除去するといいそうです。
ホクロ除去は多くの場合医療脱毛レーザーと同じ機器で行えます。出力を変えてホクロの除去を行うそうなので、ホクロが多い人やホクロ毛が気になる人は、医療クリニックで脱毛を考える方がいいと思います。